鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

サイッコウの11週だった

HxHの連載が終わってしまいました。
またしばらく休載するみたいですね。

ただこれだけは言える、本当に面白かった。

ありがとう冨樫先生。
待ちに待っていたので読んでいる時は最高の気分でした。
最高にハイってやつです。

01_20160710144533053.jpg

お話としては暗黒大陸編1話+ヒソカvsクロロ7話のあとさらに暗黒大陸編が3話となってました。

暗黒大陸全然すすんでねぇ!

到着するのは5年後とかになりそうです。
ヒソカvsクロロは面白かったですね。
キメラアント編での念のインフレが激しかったのもあってかクロロの能力が強化されていました。
最初ヒソカに念の説明をしだしたのは制約をクリアするためかと思ったのですが・・・これはどうやらそうでもない説があるようです。
それはヒソカvs旅団になっていた説です。
ネタバレとか気にせずいきますよ。



・最初に念能力の解説を入れたのはヒソカにクロロの能力の限界を知ってもらうため。
よくある刷り込みですね。
タイマンでやってますよってのを強調出来そう。。

・シャルナークのアンテナが消えたこと。
これはマチの糸によってアンテナが回収されたのでは?というやつです。
ヒソカさんが凝を怠っていた可能性もあるので、隠を使っていたのかな。
02_20160710144534b78.jpg


・コピー人形が多い。
これは戦闘中にコルトピに能力を返還し増やしたのではというやつ。
元々コルトピってビル何十個も出せるくらいチート能力あるけど、クロロが戦闘中に能力を切り替えながらこんだけ出すのは大変そうよね。
ヒソカの想定を超える「200を越える観客が」って言ってますので人形はかなり多めです。

・シャルナークが操作していたんじゃないか。
03.jpg

ここのシーンではなぜかクロロが攻撃の指示を出しています。
なのでこの左手はシャルの手ではないかと言うやつです。
マジっぽくなってきました。


・会場に長老がいるらしい。
04.jpg
たぶんこの手の甲に刻印のある人。
ただ長老がここまで出てくるのか?って疑問もある。
中には栞の制約が一度使ったら能力は自動的に持ち主に返還されるんじゃないかって意見もありましたね。
ヒソカに使えるのを証明した後は不要なので一度きりでいいと。

・マチの発言でその事に気付いてしまった。
05.jpg
そのまんまですね。
タイマンを潰された事によって旅団に関しては時と場所を選ぶ事無く狩るって感じです。

これは恐らく深読みし過ぎではないかと思うのですが、でもこれはこれで面白いなぁと思いました。
僕の中では普通にタイマン勝負をしていると思っていたので、これを聞いた時は「いやいやwそれはないでしょw」とか思ってたけど「あるかもしれない」と感じてきました。
うん、本当のとこが気になりますね。

06.jpg


蟻編の時も思いましたが地味なとこに仕込んできますよね。
軍儀に仕込まれた伏線っぽいのも面白かったです。

そして暗黒大陸編はめっちゃ気になるとこで終わりました。
あの念獣が誰の念獣なのか気になります。
ネズミっぽいのだけはあの王子のかなってのはわかるけど。

あとラムちゃんが出演してましたね。
これはどう見てもそうだと思います。

07.jpg

こちらは最近よくテレビで見かけるおかずクラブでしょうか。
僕があまりテレビを見ないのであまりピンと来なかった。

08.jpg

これはどう考えてもウドちゃん。
ウッディーですしね。

09.jpg

冨樫先生はお笑いが好きなので間違いはないと思います。
たしか村田先生の漫画で漫才が好きでボケツッコミみたいに会話を組み立ててるとか言ってたし、タイトル自体が「なんで2回いうねん」から来てたとか書いてた。
他にもイックションペ・カットゥーチャって名前の人いてちょっと露骨だった。


これで次はいつになるんだろう。
来年か再来年になるのかな。
腰もだいぶ悪いようなのでなんとか来年でいいから連載して欲しいです。
もう今年はいいんです、頑張った。
来年なんとか、何卒お願いします。

あとまだ読んでいない人のためにコチラを。
冨樫義博×石田スイ 特別対談

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばくおんがきたかっ

ばくおんのアニメが始まりました。
こちらどう見ても"けいおん!"から取っていてキャラやコミックの色を見るとどう見ても被せてきています。
キャラや設定はかなーり似てますし、今後あずなんとかさん的な娘も出てきますからね。
ただ内容や趣向はだいぶ違っています。

onsa.jpg

内容は自分がバイク好きってのが大きいのですが、バイク好きには面白い漫画になっていると思います。
さすがに「ギー太」ではなく「バイ太」ってとこは「おい!」と突っ込み入れたくなりましたけどね。
わかる人にはわかるバイクネタが結構多く、ちょっと昔のバイク板を読んでいた人にとってはクスリとくるネタが多いです。
作者は某掲示板やコピペ系のネタを色々と使っていますね。
なのでノリは完全に2板のノリになっています。
まぁバイク板がバイクの事を話している事が珍しいなんて言われ方もしていたので、そこは色々ありそうですけどね。
そんなノリの漫画なのでスズキが好きな人なんかは若干「ん?」と思うとこもありそうですが、そこも含めてスズキは愛されているとこですね。

toukyo.jpg

東京タワーは個人的には好きだし、カタナはかなり好きです。
10年程前にカタナはかっこいいなぁと思ってたけど、今でも相当かっこいいです。
個人的にはスズキはダサい、川崎がオイル漏れってイメージが強いです。
ヨシムラのカタナ1135Rの話もあるので今後がかなり楽しみ。
割と有名なバイクメーカーのネタ等もあり結構楽しく読めます。
カブのとこなんかは完全にこちらのネタですね。
https://www.youtube.com/watch?v=aaeKrqJJqm0
うちにも1台カブがありますが、なんだかんだで便利で乗りやすいバイクです。
ちょっとしたお出かけや近所を回るのにはこのお手軽さが強い。
なんだかんだで無茶な使い方をしても構造が単純なのでメンテナンスも簡単です。
燃費もいいですからね。
ただ、今のクロスカブに関してはあかんやつです。
クロスカブ買うよりも少し古い中古のカブを買った方が長持ちするかもしれない。

出ている各キャラにはそのメーカーの名前が当てはまっています。
羽音はホンダのマークの羽根から。
恩紗はヤマハの音叉から。
凛はスズキから(たぶん)。
来夢先輩はカワサキのライムグリーンからですね。

バイク業界的には結構期待しているようですね。
でもこれでバイク買う人が増えるか・・・と言われたら、正直あんまり増える気がしない。
結構ハードル高いですからね。
免許取らないとだし、バイクお高いし。
危ないとか不良みたいなイメージもありますからね。
わんおふってアニメもあまり話題にならなかった気がします。
そもそも知っている人が少なそう。
ばくおんはどちらかと言えばネガティブなネタも多いので、まさかアニメになると思ってなかった。


しかし昔のバイクと言ったら排気量が大きい程かっこよく小さい程ダサいってイメージがありましたが、今のバイクは250や125でもそこそこカッコイイのがあります。
排気量が小さくてもABSも付いてますし、スリッパークラッチまで付いています。
この辺の事情はバイクが売れなくなったのが大きいとは思うんだけど本当に変わりました。
YZF-R125なんかは原付2種で乗れる中ではかなりかっこいいかと思います。
タイヤの細さだけ気になるって人はいそうだけどね。
原二は大型のバイクを持っている人でも便利だから持っている人は結構いるみたいですね。
維持費安いし燃費もいいからね。
個人的には所さんとたけしさんが作ったK-16ってバイクが密かに欲しいと思ってます。
あれはデザイン的な意味でかっこいい。


あと最近のバイク漫画ではすく~~~とがあります。
原作は別の方ですが、こちらがワカコ酒の新久千映先生が描いていました。
残念ながら2巻で終わってしまったのですが、バイク本来の乗る楽しさみたいなものを描いていてかなり好きな漫画でした。
いや、ほんと残念過ぎて割とショックでした。
もうちょっと読みたかった。
バイク乗ったならわかるネタとかあって良かったんだけどな。

でもやはりバイク漫画と言ったらバリバリ伝説な気がします。
あれを読んでから出かける時にカギが見つからないと「もしかして・・・」と頭を少し横切ります。
今はなぜそうなったのかわかりませんが、女子高生の野球漫画を描いているのを見ると「なんで?」と言いたくなります。
女の子うまく描けないのに・・・それでいいの・・・。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝・連載再開。

HxHの連載が再開されるようです。


よっ





















しゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!


どうやらガチのようです。
今までこういうので何回も騙されてきたので「またかよ・・・」と思ったらガチだった。
よかった・・・本当によかった・・・。
ありがとう、ありがとう。
本当に楽しみにしてたんだ。
ここ最近ジャンプを買う事なんてなかったけれど、久しぶりに買う時が来たか。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復讐

相変わらずヴィンランド・サガがめちゃくちゃ面白い。
でも物語としては全然進んでない。
17巻が出たのですがすごく大雑把に話すと

ボウガンを構えた
   ↓
ボウガンをおろした

な進み具合です。
実際はそんな簡単な話ではないのですが、すごく丁寧に描いているのでこんな感じになってしまっています。
今巻のどこかはしょれる場所があると言えばなく、どこも大事なお話です。
その結果「くそっ!今回も面白かったじゃねーか!」という結果になりました。

漫画の面白さといえば色々あると思いますが、主人公の人生や生き様を描いた漫画では、僕の中ではトップクラスに面白いです。
最後まで是非描ききって欲しい。
トルフィンの行き着く先は「本当の戦士」になる事だと思うのですが、トールズをも越える戦士にどうなっていくかが楽しみです。

今回のメインはヒルドの事。
前巻めっちゃ気になってたとこで終わってたので楽しみにしていました。
過去、トルフィンに家族を殺されたとこから狩人になり、偶然あったトルフィンに復讐をする・・・という展開です。
しかしヒルドはすぐにはボウガンは撃てず、トルフィンとの対決になります。
ここでやはり撃てなかったのは背中に赤ん坊がいたから。
それとトルフィンが赤ん坊に対する所作を見て躊躇したのかもしれません。

個人的には家族が殺された場合、僕は殺した相手を殺したいだろうなと思います。
まぁ日本ではそんな事無理ですが、正直死ぬのならせめて散々苦しんだ挙句死んで欲しいと心の底から思います。
まぁそれが無理なら死刑ですね。
ですが、まぁ当然漫画を読んでいる時はトルフィンに死んで欲しくないと思っていました。
矛盾していますがこれはトルフィンがここまでのお話で改心したのがわかるから。
犯罪を犯した人が改心するなんて事は稀だと思いますが、ヒルドの立場だったら殺したいだろうなと思います。
実際この後ヒルドはトルフィンを殺しかけますが、殺すのは保留という形で終わります。
ですがヒルドの言葉は本当にそうだよなぁと思ったのです。

「心を改めました」で何もかも丸く収まると思ってンのか!?そんな簡単な手続きで
過去が帳消しになるんだったら、この世は悪党どもの天下だ!!
私の家族の無念はどう晴らす!!私の怒りはどこへ行けばいい!!
今すぐ私の家族を生き返らせろ、それができないならお前には
死ぬよりほかに償う方法はない!!

これは正論だよなぁと。
復讐ってのは難しい部分ですよね。
今後のヒルドがどうなるのかがすごく楽しみ。
今のヒルドはちょっと前のトルフィンの状態です。
そこからどう変わっていくのか、そのきっかけはなんなのか。
ありがちな展開として、トルフィンを助けてヒルドが死ぬなんてのは嫌なので、ずっと生きていて欲しいなぁと思っています。
トルフィンとヒルドがくっつくなんて可能性もありそうですしね。

どうでもいいのですが、過去編のヒルドが結構好きです。
こういうちょっと影がある感じのが娘は割りと好き。
あとなにげにボールベアリングを考えてるのが面白い。
ベアリングについて詳しくはないのだけど、中のボールが円柱のタイプあるじゃないですか。
素人の頭だとあれなら中のボールが木でも動きそうだなって思っちゃうんだけどさすがに無理なのかな。

あとここを見て

hidoi.jpg

なんでそんなひどいことするの を思い出してしまいました。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

だがしかしのアニメがはじまりました

アニメがはじまりましたよ、「だがしかし」。
この漫画を僕なりの言葉で表すのなら、

駄菓子漫画と思わせておいて実は作者の気合を入れて描いたおっぱいと美脚を楽しむ漫画である。

・・・普通に駄菓子漫画ですけどね。
作者的にはそこを注目して読んで欲しいのかなと思ってね。
そこにかける作者のただならぬ心意気、しかと受け止めました。

タイトルの通り内容は駄菓子をメインとしたお話になっています。
まさに駄菓子好きな俺得漫画ですね。
主人公と駄菓子好きな女の子とのやり取りを描いた漫画。
割と知らない駄菓子ネタを入れているので駄菓子好きとしては面白い。
モロッコヨーグルのアレとか、キャベツ太郎のアレとか知らなかったです。
ただこれを読んだ後も覚えているのか・・・と聞かれたらたぶん覚えてないけどね。
ちょっと頭Dagashiだけど女の子も可愛いです。


ただここで紹介している駄菓子もそのうち食えなくなるんだろうと思うとちょっと寂しいですよね。
アニメ第一話で紹介しているポテトフライはまだ売っていますが、似たような商品のポテトスナックはもう販売終了してしまいました。
僕はポテフよりポテスの方をよく食べていたので本当に悲しかった。
大人になってからは何度か箱買いしては食べていたんですよね。
うまい棒なんかは昔に比べてかなりサイズダウンしているので、小さくなってもいいから続けて欲しいと思います。
同時に終了してしまったムギムギは復活してまだ売っているようです。
たしかダイソーで見た気がする。
ダイソーってたまに行くけどあっこってなにげに面白いもの売ってますよね。

最近は駄菓子屋も少なくなってきまして個人的には寂しいかぎりです。
もう単体での駄菓子屋ってのは近所ではなくなりました。
最近ではスーパーの一角が駄菓子コーナーになっているのでそこで買うとか、ドンキホーテで買うとかそんな感じ。
でも僕の求めているくるくるぼーゼリーがないんですよね。
ここ3年くらいお店が潰れて食べていないので近所にないか探してます。
密かにいつか駄菓子屋とかはじめたいんだけどやっていけなさそうな感じをひしひし感じます。
もしやるならゲームとか置いてある駄菓子屋がやってみたい。
そして一日中ゴロゴロして過ごしたい。
まぁ簡単にいうとあまり働きたくないのである。

昔、友達にある精密機器を贈る時に緩衝材を蒲焼さん太郎で埋めた事がありました。
というのも友達が異常に蒲焼さん太郎が好きでなにか送る時にちょいちょい入れておいたんですよ。
正確には蒲焼さん太郎と焼肉さん太郎の組み合わせが喜ばれるので半々で入れてたんです。
それで緩衝材として合計800枚くらい?集めて入れてみたんだけど、3人で1ヶ月かからず食べきってしまったと聞いてびっくりというより若干引いて聞いてました。
そんな好きなん!?体調大丈夫かよ!!と。
元々、一番蒲焼さんが好きな子は高級お菓子しか食べなかったらしいのですが、蒲焼さんのおいしさに触れて以来駄菓子やスナック系のお菓子をよく食べるようになったらしく、かなり味覚が変わったようです。
今では蒲焼さんと焼肉さんを交互に食べるのが好きみたいです。
高級なバッグをお持ちのようですが、中身は蒲焼さんがいっぱい詰まっているリアルもぐささんみたいな人です。

saifukaba.jpg

財布に入れるこのテクニックも使っているらしい。
是非OH!MYコンブのレシピを試して欲しいなと密かに思っています。

ちなみに蒲焼さんに似た商品でわさびのり太郎ってのがあるのですが、これ油断して食べると結構やばいです。
わさビーフの辛めのやつレベルの辛さがあるので子供が食べると地味に危険。
漫画の事をっていうより、駄菓子の事ばかり書いてしまった。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT