鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドリフターズがとにかく楽しみ。

漫画で続きが出るのをすごく楽しみにしている中の一つがドリフターズです。
これだけ毎週見るのが楽しみなのは久しぶり。
正直なとこアニメ化ってなると期待もありますが、本当に好きな作品はアニメにはなって欲しくないんですよね。
イメージが崩れたりもあるけれど、オリジナルの展開や改変が面白くなかったりするんです。
おまけに話の筋がおかしくなったり、キャラの性格がガラっと変わったり。

漫画ではそのキャラクターが大事に描かれていて、そのキャラだから好きだったのに、アニメになるとこんな台詞言わないだろって事や、滅多に涙を見せないキャラがささいな事で泣いていたりすると、すごく冷めてしまうんですよね。
よくいる最高にめんどくさいファンが僕です。

アニメのドリフターズは今のとこ普通に楽しんで見ています。
そもそもの話が面白いと結構なんとかなるもんだと思いますが、割と不満なく見続けてます。
ハンターハンターなんかは断然1期のアニメが好きなのですが、2期の蟻編は普通に面白かったんですよねー。

アニメでも多少エログロがある部分も描かれているとなんか安心します。
別にエログロが好きな訳ではないんだけど、必要だと思うシーンで違う描き方をされていると、そもそもの動機が違ってきてしまうと思うんですよね。
それは省略されているのにも感じます。
命を懸けたやり取りがあったからその集団で打ち解けるきっかけとなれたのに、そこが丸々カットされているとその後の展開も薄っぺらくなってしまう気がするんですよね。

ドリターズのアニメは演出もかなり原作を参考にしてますよね。
信長の悪そうな感じとかかなり好き。
ほんと面白い。
毎週楽しみにしているし、3回は見直していたりします。
そして漫画の方を少し読み返してはニヤニヤしています。


ただ擬音を声でやっているのは多少「ん?」と思いました。
ずぶずぶずぶずぶ・・・ってw



次は山口多聞がチラっと出てくるかな。
ここまで出ているキャラや菅野直もそうだけど、最期がかっこいいですよね。
それ相応の覚悟を持っているというか。
早く続きが読みたいけど、今年の6月に新巻が出たばかりなので次は来年か再来年ですかね。

そいや年末だかのゲーム関係者のインタビューで「今年はドリフターズが出たからいい年でした」ってコメントしてる人いましたね。
僕もそういうとこあるので、その考え方には大賛成です。



あと見ているのは3月のライオン。
こちらも漫画で楽しんでいるので楽しみな作品の一つです。
でもあんまり無駄なおしゃれ感を出さないで欲しいなぁとは思いますね。
物語系とかニセコイであったような色使いとか表現方法っていまいち好きになれない派です。
おしゃれすぎてすぐ見なくなっちゃう。。


あ、あと月曜日のたわわってのが話題になっていたので見てみたんだけど、これは微妙ですねー。
これを見ているとからかい上手の高木さんって本当に絶妙なバランスで描かれているんだなぁと改めて思いました。
別にからかうとかとは別なのですが、キモイと感じない台詞や行動で描かれているのがうまいんだなと。
狙いすぎててなんかなーって。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冨樫先生の巻末コメント

ジャンプでのやつをまとめてみました。

350
便座や椅子に座れる幸せ。体も偉いもんで寝たきりの時はウ○コも出ない。

351
寝たきり→第3匍匐→ハイハイ→つかまり立ちを経て病院へ

352
腰痛の辛いのは病院に行けるのがある程度回復した後な事。

353
10段階で10の痛みの時は一晩中1cmたりとも体を動かせない

354
診察の結果、手術は回避。重症の人の辛さ察して余りある。

355
医者の勧めで減量開始。発症しなかった30代64kgを目指す。

356
14年夏時点で84kg。炭水化物を制限して2ヶ月で6kg落ちる。

357
食事制限を緩め運動を加える。早歩き50mも保たずショック。

358
20代で出来たうつ伏せでの執筆が体が硬くなって出来ない。

359
ストレッチ。トレーナーの手本を見て自身の異常さを再確認。

360
1km10分ペース体重73kgの頃、長時間の座り作業が可能に。



うん、わかってる、だからそんな言い訳しなくても・・・とちょっと思ってしまいましたw
先生のコメントからでもそうですが、腰をやってしまった方の話からだと相当大変そうなのでせめて楽になる事を祈っています。
前から腰が悪いって話はずっとあったのですがここまで悪かったんですね。

連載が終わった今はなんよも寂しい気持ちになりますね。
読めた事である程度満足はしたものの、今週からはないんだ・・・という寂しさでいっぱいです。
はやく続きが読みたいっ!


ところで本編の方ではゴンの登場はしばらくはないんですかね。
体は直ったものの念が使えないっぽくなっていました。
それはナニカが治したのはゴンの体だけで念での制約はそのままだったからだと思います。
なのでこの制約をなんとかしなければゴンはあのまま田舎で暮らそうって感じになってしまいます。
主人公なのに暗黒大陸とはなにも絡めないのだろうか。
それとも制約を解除する方法が暗黒大陸にあるのかな。

そして今回のHxH33巻でナニカさんが暗黒大陸出身ってのが書いてありました。
これはもう噂されてますが「欲望の共依存ガス生命体 アイ」ってのがアルカにいるナニカなんだと思います。
なのでキルアの方もこちらをなんとかしなければならないんですよね。
HxHは主人公が順番に変わっていくような事になっている事もあるので今はクラピカがメインって感じなんですかね。
アルカの中にいるアイをどしたらいいのか、どうやったら出る?のか。
ゾルディック家にアイがいるのはジグが持ち帰ったんでしょうね。

そこで気になってくるのがカルトの言っていた事です。
旅団に入った時に「兄さんを取り戻すために」って言っていたのは最初キルアの事かと思っていました。
カルトはゴンがゾルディック家に来ていた時も見ていますし、ゴンからキルアを取り戻すために旅団に入ったのだと思っていたけれど、これはアルカの事だったのかもしれないですね。
カルトからアルカへの嫉妬は妹であるアルカに向いているもので、弟のアルカは封印されているような状態なのかな。

キルアだけがアルカを女の子扱いしているのはこの共依存の関係だからでしょうか。
その代償が命令をなんでも使えるって感じなのかな。
そもそもアルカの性別がはっきりしていなかったけど、冨樫先生がトランクセクシャルものが好きだったと思うから性別は変わってる気がするんですよね。
そういう意味ではカルトの性別もはっきりしていなかった気がします。

そもそもカルトがなぜ旅団に入ったのかも気になるんですよね。
純粋に修行のために入ったのか、旅団にいるメンバーの能力が必要だったのか。
もしくは旅団がなにかしらの情報を持っているのか、盗んだ物の中に暗黒大陸への情報等があったのか。
除念師を見つけたのはカルトなので除念のためとは考えにくいですし、アイは念とは別の存在だと思うので除念とか関係ないですよね。
じぇんじぇんわかんない。

暗黒大陸へ船は出発したけれど旅団がこれに乗っているのかも気になります。
結局ヒソカとクロロのその後がないので旅団がどうなっているのかわからないけれど、もし船に旅団が乗っているのならカルトも乗っている可能性がありますよね。
それならカルトが旅団に入った理由になるけれど、旅団が暗黒大陸に行くかはわからないので理由にはちょっと乏しい感じがします。

結局連載を待つしかないですね。
うわあああああ、続きが気になるううううう。

そいやクラピカさんの目的のパイロの目・・・と言うか頭部は王子が持っていたみたいなので、こちらもどうかるか気になります。

hinome.jpg

しかしさすがというべきか・・・なんとも悪趣味な描き方ですよね。
旅団がクルタ族の目をえぐった方法とか読んでいて微妙な気持ちになりましたもん。
まぁあれがあったからシャルナークとコルトピが死んだ時に悲しさとかなかったけどさ。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイッコウの11週だった

HxHの連載が終わってしまいました。
またしばらく休載するみたいですね。

ただこれだけは言える、本当に面白かった。

ありがとう冨樫先生。
待ちに待っていたので読んでいる時は最高の気分でした。
最高にハイってやつです。

01_20160710144533053.jpg

お話としては暗黒大陸編1話+ヒソカvsクロロ7話のあとさらに暗黒大陸編が3話となってました。

暗黒大陸全然すすんでねぇ!

到着するのは5年後とかになりそうです。
ヒソカvsクロロは面白かったですね。
キメラアント編での念のインフレが激しかったのもあってかクロロの能力が強化されていました。
最初ヒソカに念の説明をしだしたのは制約をクリアするためかと思ったのですが・・・これはどうやらそうでもない説があるようです。
それはヒソカvs旅団になっていた説です。
ネタバレとか気にせずいきますよ。



・最初に念能力の解説を入れたのはヒソカにクロロの能力の限界を知ってもらうため。
よくある刷り込みですね。
タイマンでやってますよってのを強調出来そう。。

・シャルナークのアンテナが消えたこと。
これはマチの糸によってアンテナが回収されたのでは?というやつです。
ヒソカさんが凝を怠っていた可能性もあるので、隠を使っていたのかな。
02_20160710144534b78.jpg


・コピー人形が多い。
これは戦闘中にコルトピに能力を返還し増やしたのではというやつ。
元々コルトピってビル何十個も出せるくらいチート能力あるけど、クロロが戦闘中に能力を切り替えながらこんだけ出すのは大変そうよね。
ヒソカの想定を超える「200を越える観客が」って言ってますので人形はかなり多めです。

・シャルナークが操作していたんじゃないか。
03.jpg

ここのシーンではなぜかクロロが攻撃の指示を出しています。
なのでこの左手はシャルの手ではないかと言うやつです。
マジっぽくなってきました。


・会場に長老がいるらしい。
04.jpg
たぶんこの手の甲に刻印のある人。
ただ長老がここまで出てくるのか?って疑問もある。
中には栞の制約が一度使ったら能力は自動的に持ち主に返還されるんじゃないかって意見もありましたね。
ヒソカに使えるのを証明した後は不要なので一度きりでいいと。

・マチの発言でその事に気付いてしまった。
05.jpg
そのまんまですね。
タイマンを潰された事によって旅団に関しては時と場所を選ぶ事無く狩るって感じです。

これは恐らく深読みし過ぎではないかと思うのですが、でもこれはこれで面白いなぁと思いました。
僕の中では普通にタイマン勝負をしていると思っていたので、これを聞いた時は「いやいやwそれはないでしょw」とか思ってたけど「あるかもしれない」と感じてきました。
うん、本当のとこが気になりますね。

06.jpg


蟻編の時も思いましたが地味なとこに仕込んできますよね。
軍儀に仕込まれた伏線っぽいのも面白かったです。

そして暗黒大陸編はめっちゃ気になるとこで終わりました。
あの念獣が誰の念獣なのか気になります。
ネズミっぽいのだけはあの王子のかなってのはわかるけど。

あとラムちゃんが出演してましたね。
これはどう見てもそうだと思います。

07.jpg

こちらは最近よくテレビで見かけるおかずクラブでしょうか。
僕があまりテレビを見ないのであまりピンと来なかった。

08.jpg

これはどう考えてもウドちゃん。
ウッディーですしね。

09.jpg

冨樫先生はお笑いが好きなので間違いはないと思います。
たしか村田先生の漫画で漫才が好きでボケツッコミみたいに会話を組み立ててるとか言ってたし、タイトル自体が「なんで2回いうねん」から来てたとか書いてた。
他にもイックションペ・カットゥーチャって名前の人いてちょっと露骨だった。


これで次はいつになるんだろう。
来年か再来年になるのかな。
腰もだいぶ悪いようなのでなんとか来年でいいから連載して欲しいです。
もう今年はいいんです、頑張った。
来年なんとか、何卒お願いします。

あとまだ読んでいない人のためにコチラを。
冨樫義博×石田スイ 特別対談

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ばくおんがきたかっ

ばくおんのアニメが始まりました。
こちらどう見ても"けいおん!"から取っていてキャラやコミックの色を見るとどう見ても被せてきています。
キャラや設定はかなーり似てますし、今後あずなんとかさん的な娘も出てきますからね。
ただ内容や趣向はだいぶ違っています。

onsa.jpg

内容は自分がバイク好きってのが大きいのですが、バイク好きには面白い漫画になっていると思います。
さすがに「ギー太」ではなく「バイ太」ってとこは「おい!」と突っ込み入れたくなりましたけどね。
わかる人にはわかるバイクネタが結構多く、ちょっと昔のバイク板を読んでいた人にとってはクスリとくるネタが多いです。
作者は某掲示板やコピペ系のネタを色々と使っていますね。
なのでノリは完全に2板のノリになっています。
まぁバイク板がバイクの事を話している事が珍しいなんて言われ方もしていたので、そこは色々ありそうですけどね。
そんなノリの漫画なのでスズキが好きな人なんかは若干「ん?」と思うとこもありそうですが、そこも含めてスズキは愛されているとこですね。

toukyo.jpg

東京タワーは個人的には好きだし、カタナはかなり好きです。
10年程前にカタナはかっこいいなぁと思ってたけど、今でも相当かっこいいです。
個人的にはスズキはダサい、川崎がオイル漏れってイメージが強いです。
ヨシムラのカタナ1135Rの話もあるので今後がかなり楽しみ。
割と有名なバイクメーカーのネタ等もあり結構楽しく読めます。
カブのとこなんかは完全にこちらのネタですね。
https://www.youtube.com/watch?v=aaeKrqJJqm0
うちにも1台カブがありますが、なんだかんだで便利で乗りやすいバイクです。
ちょっとしたお出かけや近所を回るのにはこのお手軽さが強い。
なんだかんだで無茶な使い方をしても構造が単純なのでメンテナンスも簡単です。
燃費もいいですからね。
ただ、今のクロスカブに関してはあかんやつです。
クロスカブ買うよりも少し古い中古のカブを買った方が長持ちするかもしれない。

出ている各キャラにはそのメーカーの名前が当てはまっています。
羽音はホンダのマークの羽根から。
恩紗はヤマハの音叉から。
凛はスズキから(たぶん)。
来夢先輩はカワサキのライムグリーンからですね。

バイク業界的には結構期待しているようですね。
でもこれでバイク買う人が増えるか・・・と言われたら、正直あんまり増える気がしない。
結構ハードル高いですからね。
免許取らないとだし、バイクお高いし。
危ないとか不良みたいなイメージもありますからね。
わんおふってアニメもあまり話題にならなかった気がします。
そもそも知っている人が少なそう。
ばくおんはどちらかと言えばネガティブなネタも多いので、まさかアニメになると思ってなかった。


しかし昔のバイクと言ったら排気量が大きい程かっこよく小さい程ダサいってイメージがありましたが、今のバイクは250や125でもそこそこカッコイイのがあります。
排気量が小さくてもABSも付いてますし、スリッパークラッチまで付いています。
この辺の事情はバイクが売れなくなったのが大きいとは思うんだけど本当に変わりました。
YZF-R125なんかは原付2種で乗れる中ではかなりかっこいいかと思います。
タイヤの細さだけ気になるって人はいそうだけどね。
原二は大型のバイクを持っている人でも便利だから持っている人は結構いるみたいですね。
維持費安いし燃費もいいからね。
個人的には所さんとたけしさんが作ったK-16ってバイクが密かに欲しいと思ってます。
あれはデザイン的な意味でかっこいい。


あと最近のバイク漫画ではすく~~~とがあります。
原作は別の方ですが、こちらがワカコ酒の新久千映先生が描いていました。
残念ながら2巻で終わってしまったのですが、バイク本来の乗る楽しさみたいなものを描いていてかなり好きな漫画でした。
いや、ほんと残念過ぎて割とショックでした。
もうちょっと読みたかった。
バイク乗ったならわかるネタとかあって良かったんだけどな。

でもやはりバイク漫画と言ったらバリバリ伝説な気がします。
あれを読んでから出かける時にカギが見つからないと「もしかして・・・」と頭を少し横切ります。
今はなぜそうなったのかわかりませんが、女子高生の野球漫画を描いているのを見ると「なんで?」と言いたくなります。
女の子うまく描けないのに・・・それでいいの・・・。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝・連載再開。

HxHの連載が再開されるようです。


よっ





















しゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!


どうやらガチのようです。
今までこういうので何回も騙されてきたので「またかよ・・・」と思ったらガチだった。
よかった・・・本当によかった・・・。
ありがとう、ありがとう。
本当に楽しみにしてたんだ。
ここ最近ジャンプを買う事なんてなかったけれど、久しぶりに買う時が来たか。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT