鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

蛮神タコタンをタコンタコンに。

ついにタイタンの季節になったので行ってきました。
某掲示板のスレとかで「タコタン」って言われててなんでだろうと思ったらそういう事だったのね。
たしかにタコタンでした。
今回も前回のブレフロと同じメンバーで構成はナ斧召白で行ってきました。
今回は全員初見で予備知識とかもありません。
もうドキドキのワクワクでした。
tan.jpg

とりあえず「わー!」と突っ込んだのですが強かったです。
本当に強かった。
そして楽しかった。
何度殺されても楽しいもんですね。
わーわーと何度も死んではメンバーと「○○したらいいんじゃない?」と話ながらやってました。
タイタンが飛び上がったりパワーゲイザー(ランドスライド)をしてきたりで僕はテンション上がりっぱなしでした。
飛び上がりは最初フィールドの中心に集まったらヒールしやすいんじゃないか?って事で真ん中に集まってやってたけど、外側の方がダメージが少ない事に気づいてなるべく外側に逃げながら集まって回復したりしてました。
パワーゲイザーはなるべく中心に寄っていると当たっても落ちないみたいですね。
そしてメンバーを石で囲ってしまうグラナイト・ジェイル。
これがヒーラーさんに当たってしまうと一気にピンチになります。
最初は地味過ぎてメンバーが石になっている事に気づかずにメインをずっと殴ってたりしました。
そして心核が出てからが大変でした。
心核も壊さないといけないし、ジェイルで石になったメンバーも助けなくちゃいけない。
心核と石になった時にリミットブレイクを当てたらって作戦を立ててみたりもしました。
だけど下に一人でも落ちると一気にきつくなりますね。
心核をやっと壊したと思ったらここからさらに攻撃が激しくなってきます。
ここをさらに乗り切らなきゃだめなのか・・・オラワクワクしてきたぞ!


みんな死ぬたびにちょっとずつうまくなって、ちょっとずつタイタンのHPを減らす事が出来ていきます。
今までIDやボスなんかで「つよいねー」なんて言った事が(たぶん)なかったけど、今回ばかりは「つよいねー」と話し合ったりしてました。
「次はいける!」や「いくぞー!」なんて言いながら何度目かわからないくらいの挑戦。
最初のジャンプ、心核が出るまでは慣れたのもあり順調に削っていきます。
心核が出てからは削りに集中。
メンバーが石になった時の対処もすごく早くなってきてます。
しかしパワーゲイザーで斧さんが落下死。
斧さんは回線状況もあって回避が遅れる事がちょくちょく。
海外からなのでこればっかりは仕方ないですね。
心核を壊せたけどここからは大地の重みって範囲技を使ってきます。
ここで召さんが死亡。
ですがタイミングを見計らって白さんがすかさずレイズ。
タイタンの残りHPはほんとに後僅か。
このまま削り切れる・・・倒せる!と思ったとこで運悪く白さんがジェイルで石に。
急いで石を壊しにいき白さんの石を壊すけど、僕を狙った範囲技がタイミング悪く解除された白さんを直撃して白さん死亡。
でもこの時でタイタンのHPはあと数ミリのとこ。
なんとか削り切れるかと思ったけど僕も死亡。
あとは召さんだけだけどあと数秒耐えたらスリップで削り切れそう。
ほんの数秒がすごく長く感じたけど、召さんが粘って画面が暗転。
なんとかタイタンを倒す事が出来ました。

「おおお」「やったー」と盛り上がったけどすぐに、「勝ったけど悔しいね」「もっかいチャレンジしたい」と完全勝利を目指そうと話し合っていました。
4人中3人も死んだ状態でのクリアですのでなんとも納得いかないモヤモヤした勝利。
ですがやはり何度も死んだだけあって「勝った!」って事が純粋に嬉しくて達成感がありました。
ほんと楽しく出来ました。


そして次の日早速リベンジにタイタンへ。
リベンジでは最初こそ何回か死んでしまったけどすぐにみんな生きたまま完全勝利。
報酬とかないけどちゃんと勝てると嬉しいですね。
死なずに勝てたけどその後僕がジャンプしながら下に落ちて結局1回死にました。
うん、そんな事もあるよね。
そいやタイタンがジャンプした時に外側に行こうと思って赤い線ギリギリに立ったけど外側により過ぎてふわっと落ちたりしました。
あれは恥ずかしかった・・・。
スポンサーサイト

| FF14 - 攻略 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iron3mai.blog.fc2.com/tb.php/9-f62884cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT