鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よく考えてもわからない事。

自分の指がもう前のようには動かないし、変な感覚も残るという事を知ってから割と凹んでいます。
よく考えなくても割と深刻ですよね。
実際、友達に「おっぱいが~」という伝え方をしたら、重い話を冗談交じりで言うのやめてと言われました。

僕の取り得と言ったら手先が器用くらいしかないんですよ。
頭良くない、記憶力良くない、性格も悪い。
あえて出来る事があると言えば手先の器用さ。
自分で言うのもなんだけど、子供の頃から図工とかは成績良かったです。
その手先の感覚が悪いとなると、これは本格的に困るぞ・・・と。
そういう意味も込めて結構ショックなもんです。


本題ですが、怪我をしてから周りの親切に助けられる事が結構ありました。
スーパーのレジでは袋に店員さんが詰めてくれたり、コンビニに行っても別の形ですが似たような事がありました。
マックでポテトを買った時も70歳くらいの店員のおじいちゃんに「袋にいれよか?」と言ってもらえました。

普段親切にされ慣れていないので、なんとなく申し訳なくなり引き篭もっていました。
そしてこうも思ったのです。

「イケメンや美人は普段から回りに親切されるから、性格も良くなるよな」

こんな事を思う時点で完全に性格が悪いのですが、なんとなくそう思ったのです。
普段から周りから親切にされていると、困った人を見た時にどう動けばいいかわかるじゃないですか。
自分が過去にされた事を、そのまま経験として他人にすればいいだけですからね。
幼い頃から回りにそういう事をするのが当たり前と教わって生きてきたら性格も良くなる。
そう考えるのは当たり前ですよね。

ただ、困っている人を見た時に「自分が声をかけたら逆に事案になる」という条件を省きます。
これだけはなんか・・・どうにもならんよね。
声をかけるという前にそんな葛藤が入ってしまいます。



と、そんな事を思って怪我をしてから外に出にくいんだよねーって事と、顔イケてる勢は性格も良くなるよね、という事を友達に話していたら「おまえは何を言っているんだ」と言われました。
イケメンや美人は親切に慣れているから、親切にされて当たり前、むしろなんでおまえそんな気すら使えないの?だからモテないんだよ、という性格になるんだと言われました。

そ、そうか~。

まぁたしかに性格のいい人もいれば、壊滅的に悪い人もいました。
いくつか思い当たる節があります。
でもなんとなく、モテない勢からするとちょっと僻んでみたくもあったのです。
俺が今こんな事になっているのは顔が悪くて、周りの環境が良くなかったから・・・そんな事を思いたかったんや、きっと。


そういえば某ゲームを遊んでいる時は、人の性格が変わっていくのが見えましたね。
最初こそのんびりと遊んでいた人が、次第にそのゲームや回りの環境に染まっていき、暴言を吐くような人に。
あれはある種の防衛本能が働くんだと思うんですけどね。
「自分の正しさを証明するために、回りを攻撃する」みたいな事はよくあったと思うんです。
じゃないと失敗を認めることになってしまう・・・みたいな。
ただ、24人コンテンツは「最初に言い出したモン勝ち」なとこはありました。
自分が失敗しても誰も見てない事をいい事に「○○さんちゃんとやってください」となすり付けるのを何度か見ました。
そしてそのhimechanの従者っぽい人が被せて擁護するという世界。

未だ続いているのかと思うと考えるのすら恐ろしい。
スポンサーサイト

| 日常 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iron3mai.blog.fc2.com/tb.php/241-56e9f7f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT