鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

PvPに思うこと その1

先日、eスポーツでのウルヴズジェイルの大会がありましたが盛り上がりとしては残念な感じでした。
なぜ一般から参加したチームが3チームしかなかったのか・・・ってのもありますが、根本的には14のPvPが面白くないのが原因にあると思います。
正直14のバトルはPvP向きではないとよく思います。
バトルスピードに関しても2.5秒に1回って入力は速く感じますが、14のバトルシステムと考えると2.5秒は遅い気がします。
コンボ前提での攻撃が多いので結局はあまり早くはないんですよね。
状況が変わった事でのコンボの方向性もありません。
アクションゲームが好きな人はこのバトルに満足いくはずがないと思っています。

アクションゲームがうまい人はバトルにおいて14でよくある「足を引っ張られる」という感覚をあまり持っていないと思っています。
それはアクションや格闘ゲームが好きな人は「自分がうまく動けば逆転させる事が出来る」という自負を持っているからだと思っています。
フォローをすればいいだけだし、味方がやられた場合は自分が助けに動けなかったからと思う事が多いと思うのです。
しかし、残念ながら14ではこのようなバトルは出来ません。
それはバトルの幅が狭くプレイヤーがうまくやれる余地がないからです。
14のバトルはどのジョブを使おうが個性の出ないジョブになっています。
それはつまり「普通にうまい人」と「すごくうまい人」の差が出来ないのです。
バトルの天井が低く自由度が低いためユーザーのプレイが光る事がありません。
これは見ている側としても全然面白くないのです。

Pv01.jpg

あとアクションゲーム好きな人はバトルにおいていかに相手の動きを誘導させるか、相手に自分の動きをどう合わせるかに楽しさを感じていると思います。
それがうまくハマれば読みで勝てて有利に立てるし、うまくいかなければ次どう動くかを考えます。
そしてどこを改善したらいいかを瞬時に判断する楽しさがあると思います。
しかしここでも14ではこのような遊び方は出来ません。
eスポーツとして話題になるゲームは、ゲーム自体よりもプレイしているプロゲーマーに光が当たると思うのですが、14では個人のプレイが光る事はないのでプレイヤーに光が当たる事はないです。


僕が思うに対戦ゲームってのはゲームの面白さも大事ですが、やはりゲームのうまいユーザーがそのゲームをやり込み研究して楽しんでいる事が大事だと思っています。
うまいプレイヤーを見て憧れみたいな気持ちを抱くのが本来のゲーマーの姿かなと思います。
自分はよく格闘ゲームの動画を見る事があります。
よく言われる「動画勢」なのですが、それでも見ているだけで楽しいです。
14ちゃんと比べては大変失礼だとは思いますが、ストリートファイターの大会の動画なんかを見ているとプレイヤー側への尊敬はかなりのものです。
それは日本人だけではなく外国人のプレイヤーにもそういう気持ちが湧きます。
うまい人のプレイは見ているだけで楽しいし、読み合いや人によって同じキャラを使っていてもプレイスタイルの違いが大きいので本当に面白いです。
うまい人は見た事ないコンボを使うし、シビアな目押しコンボ使ったりって事もあります。
それを大会で決めれる精神は本当に尊敬するし、かっこよく見えます。。
ただ目押しコンボがあると敷居が高くなるので、今は先行入力が出来る様になったようですね。

Pv02.jpg

個人で光らないのならチームではどうなのかとは思うのですが、残念ながらこちらも幅が大変狭くなっております。
これに関しては本当にPvP専用のスキルや、PvEでも使っているスキルの性能を変えればいいと思うのですが、残念ながら最初に実装した後は放置のような状態が続いています。
PvPのプレイ動画を見ていても14を知らない人からしたら「なんかゴチャゴチャしている」という感想しか出てこないかと思います。
視点がかなり離れているのもあるし、ピカピカ光ってどのスキルを使っているのかもわかりにくい。
それは自分が普段使っているジョブなのにエフェクト等でどんな動きをしているのか見にくい。
自分はドラクエ10を体験版までしか遊んでいませんが、ドラクエのバトルはスキル等があまりわかっていなくても見ていて楽しいです。
逆転なんかもあるとかなりの盛り上がりを感じます。
本当に14のバトルは調整にもおもしろさがないんですよね。
そもそもレベルの上限が上がる事を想定してスキルを調整していない事にびっくりしました。
PvPが実装される時にPvE側の性能を下げられる事もありましたので、本当に頭Naoki修正です。

最近よく思うのが、頭Naokiというのは雑魚の中の雑魚。
頭Naoki程度では全然弱い存在なので、やはり本物のNaoki・・・全身Naokiiには到底及ばないと感じます。
14開発はそもそも過去の経験をすぐ忘れるのが致命的です。
一週間フレンズならぬ一週間ナオキズ。
週制限で頭がリセットされるので過去の経験が生きなくなっています。
実際にインタビュー記事でありましたが、堀井さんに言われて目から落ちた鱗を週制限で拾いなおして目にはめています。
こんな事を続けていても面白くなるとは到底思えないです。

しかし、ここまで作ったのだからなんとか出来ないか?と、せめて思ったりします。
未だにここから盛り返せると思っているのだから番組も始まったんだと思います。
スポンサーサイト

| FF14 - その他 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iron3mai.blog.fc2.com/tb.php/157-b530c7d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT