鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Fostexのかんすぴセット

PC用のスピーカーとして前から気になっていた、Fostexのかんすぴセットを買いました。
amazonさんでポチーしたのですが、今のお値段だと11000円くらい。
僕が買った時は9000円くらいでしたのでちょっと値上がりしていますね。
このお値段でアンプとスピーカーがセットで買えるのは魅力的だったので前から買おうか迷っていたのです。
Fostexのスピーカーは前に波動スピーカーなる物を作った時にユニットだけを買った事があったので音の方に不満とかはなかったんですよね。
耳は特別良い方ではないし、オーディオに関してはオカルト的は部分もあるのでそれなりに自分が満足出来れば良いと思ってね。
波動スピーカーってのがちょっと特殊な作りなのでそれで音の良さがわかるのかと言われたら微妙なとこではあるのですが。
アンプとスピーカーが入っているのですが、別々の商品を一緒に売っているだけのようなのでスピーカーの線が余ります。
スピーカーの組み立てはとても簡単ですごく丁寧にやっても1時間以内に完成します。
主にネジを締めるだけですのですぐ出来ると思います。
アンプの大きさは小型アンプの中でも小さいほうで、タバコの箱くらいです。
amp.jpg
サウンドブラスターのボリュームコントローラーと並べてみたけど、ほんと小さいと思う。
前面にはボリュームと入力のステレオミニジャック、背面にスピーカー出力と電源だけのシンプルな作りになっています。


スピーカーの大きさはこんなもの。
幅からすると少し奥行きのある方なのかな。
ネジを締める以外の箱の部分は完成しているので、作業としては

ユニットを当ててネジを付ける部分にマークをつける
      ↓
ユニットを外してネジを締めてすぐに外す。
      ↓
ネジを付けた所にバリが出来るのでカッターで削る。
      ↓
中から出ている線とユニットを繋ぐ。
      ↓
ユニットを付けてネジを締めれば完成。

という感じです。

これといったエイジングとかはせず、普通に3ヶ月くらい使ってみた感想としてはすごく満足しています。
今まで使っていたスピーカーに比べたら断然音がクリアに聞こえるのでつい鳴らしたくなってしまうくらいです。
不満と言える点があるとすればアンプには電源のスイッチがなく、一定時間入力がないと自動的にOFFになります。
ボリュームのつまみにOFFが付いているので使う人に寄ってはここで不満に思うかもしれないです。
切り替わる時に若干のノイズも入りますし、入力が弱すぎるとONから切り替わらない事があります。
しかしこれはこれで便利な機能なのでアリではないかな。
この値段でって考えるとコスパはいいので文句は言えないですね。
PCではそんな大きい音を出す事もないのでこの程度でも十分なレベル。
もうちょっと使ってみないと分からない部分もあると思うんですけどね。
小型アンプはサイズのも持っているのですが、あちらはボリュームが大きくなるとノイズが入ることがあるけれどこちらは今のとこ問題なく使えてます。
贅沢を言うとイヤホン出力があればもっと良かったのかなぁ。
スポンサーサイト

| レビュー | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://iron3mai.blog.fc2.com/tb.php/106-09f5f140

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT