鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

2014秋アニメの話

好きな作品が多かったかなーという感じです。
まず寄生獣ですね。
これだけは別格な気がします。
原作の方で好きだったのですが、アニメでも面白いですね。
漫画を読んだのがずいぶん昔だったので新鮮に見れて、こんなキャラいたっけ?的なのもありもう一度読み返したいと思っています。
これからの展開も若干忘れているとこがあるので期待。
最初こそキャラデザとか声とかあんまりかなーと思っていたけど、原作がしっかりしているだけに面白いですね。
ミギーの声も意外と合っていて割と好きです。
岩明先生の作品は今単行本が出ているヒストリエもめちゃくちゃ面白いのですが、他にも七夕の国とかもミステリーな要素とかあり結構好きです。
この発想はこの先生にしか出ないんだろうなーと読んでて思いました。

蟲師も面白いですね。
見ながらあーこんなのあったーと思いながら見てます。
これぼけっと見てると気づかないけど、かなり細かいとこまで凝ってますよね。
動きが繊細であったり、音がリアルであったりとかなり愛されて作られているなーと思います。
見終わった後の余韻もなんとも言えないものがあります。
救われた話もあれば残念な最後を迎えてる場合もあって、またそこが面白いんでしょうね。
漫画がどこか奥にしまってあるのでひっぱりだしてこれも読み返したい。

四月は君の嘘も良かったです。
ストーリーはいいと思うのに、セリフがポエミーなのがすごく気になった。
ネタバレになりますが、主人公は耳は聞こえるのですがピアノを演奏し集中するとピアノの音だけが聞こえなくなる病気?なのです。
そこで「奏でた音は春風に攫われた花のようにもつれながら遠ざかって消えてしまう」と言うのですが・・・いや普通に言えよ!とつい突っ込みを入れたくなるようなセリフが結構あります。
ある意味ここがこの漫画のいい所でもあるのですが、こういうのってアニメで見るとすごく気になるんですよね。
物凄く不自然な会話に聞こえてしまう。
もし友達がこんな言い方をしたら「え?wもう一回言って?w」って何度も聞いてしまう。
ですが内容は面白かったのでお勧めです。

あと意外なとこで山賊の娘ローニャが良かったです。
最初はどうせつまんねーんだろうなーと思いつつ見てたのですが、これが結構いいんですよ。
正直回の半分くらい叫んだり笑ったりの回があった時はちょっとびっくりしたけどね。
あとCGってのがいまいちだとは思うのですが、背景は結構綺麗ですからね。
昔のアニメとか好きならこのテンポでも楽しめる感じだと思います。
今後ローニャが解決しないといけない問題とか色々とあるし、ローニャはどの道へ進むのかも気になりますね。
ただほんとCGってのがなぁ~と思います。
NHKなのでキングダムの時も感じたけどトゥーンレンダリングって別に嫌いではないけど、そこまで好きでもないんですよね。
ゲームでは好きだしそこまで嫌いではないんだけど、アニメだとどうしても汚さが目立ってしまうし、モデリングですごく変わるのであんまり好みではないのです。

アカメが斬るも割と好きでした。
絵柄的にもうちょっと平和的なのを想像していたのですが、最初から割とエグイ展開で掴みは良かったです。
しかしこれ人を殺しすぎててダメなパターンですね。
なんかある程度は生きている人いないと・・・って思っちゃう。
この辺バランスが大事なのでしょうが好みが別れるのかな。
でも24話で短い割には結構まとまってましたね。
最後まで見てしまった。

あとはSEGA好きな僕としてはセハガールを楽しみに見てました。
ジェットセットラジオの回とか楽しみにしてたので、10話で使われててめっちゃ安心しましたw
ジェットセットはDCの時もそうだけどフィーチャーの方も好きで今でもソフト持ってまして、音楽の方もこれまた好きなので車で今でも聞いてます。
サク戦とかも昔やったので懐かしかった。
あとは相変わらず面白い弱虫ペダルとまだよくわからない七つの大罪とか見てます。
SHIROBAKOは割と楽しみに見てます。
これ見てるだけで胃がやられそうな気持ちになる時があるけど、割と楽しんでる!
自分の過去や同じような境遇になった事がある人がいっぱいいるんじゃないかなぁとおもったり。
今でも仕事での会話がすごく苦手なのでまさに今・・・かもしれない。
スポンサーサイト

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウーツ装備

ちょっと高かったけどウーツ装備揃えました。

u.jpg

揃えたと言っても胴手足腰だけで、頭と脚はまだ買ってません。
頭はまぁいいかな・・・と思っているのもあるのと、脚は値段がやばいので買えないのでね。
出来れば脚の部分だけ色が合っていないので変えたいとは思っているけど、他に合いそうなのがなかったんです。
オススメプレイヤーにはお馴染みのケーニヒですよね。
見た目がこんな感じのが好きなので割と気に入ってます。
お金で解決出来るのがいいとこです。
ミラプリ用にと思って買ったのですが、マテリアを付けて一応使えるようにはしておきました。
たぶんクリタワでスキスピのついた装備がくるとは思うのだけど、まぁとりあえずと思って戦技のを多めにつめてみました。


まぁそれはいいのですが、11とは違ってデザインがちょっと変わってますよね。
僕は男性キャラなのでそこまでこだわりはないのですが、女性キャラを使っている人には割と大きな違いだと思います。

kh.jpg
km.jpg

そう!ここが特に大きな変化だと思うのです。
人によってはこの部分を股引や下着系のにしてると思うのですが残念な変更ですよね。
ミコッテにとっては露出めっちゃ減って、なんと「脚を守っている」という状態です。

まぁそんな事どうでもいいのですが。


フォーラムでもミラプリは話題に上がっていますが、もうどのジョブでもミラプリ出来るようにしてしまえば?と思ってしまいます。
正直ドレスや水着(耐熱装備)をミラプリ可能にした時点でその辺のことはどうでも良くなってきてます。
もしドレスや水着をミラプリ出来なくしていたのなら後衛が鎧をミラプリ出来ないのはいいと思うのです。
はっきり言ってあの人の世界観が意味不明で「もうどうでもいい」のが個人的な感想。
アラグ文明っぽい装備はまだ光っていてもいいと思うけど、ガーロンド装備とかが光るのもちょっと違和感を感じてしまう。
あと頑丈な作りにしないといけない武器にやたらとギミックがあるのにも違和感。

| FF14 - タンク | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニヤニヤしながら読む漫画

ここのとこ僕の中でちょっとヒットしているのが「今日のユイコさん」と「からかい上手の高木さん」。
どちらも読んでいるとニヤニヤして、たまにふとんに包まって「うわあああああ」と叫びたくなる漫画です。
なんだよ!ちくしょう!となること請け合いです。

今日のユイコさんは「相思相愛、イチャコラなふたりの成長型青春ラブコメディ」となっております。
ユイコさんは真面目な頑固で素直にはなれないタイプなのですが、なにかと主人公と一緒に行動をしたいとは思っているんですよね。
素直になれない女の子・・・可愛いです!
また不器用なとこも素晴らしくてなんとも言えない可愛さがあるのですが、これを伝えようとすると難しい。
それだけでも大変素晴らしいのですが、真面目で頑固なのに時折大胆に行動するとこがまたツボを押さえててたまりません。
あとなにげにユイコさんのお姉さんや友達もいいキャラですよね。
まだ4巻までしか出ていないので買いやすいかもです。

からかい上手の高木さん
こちら女性にからかわれるのが好きな人にはたまらん漫画かと思います。
いいよっ!すごくいいよっ!
ニヤニヤしながら読んでたまに枕に顔をうずめてもいいと、僕は思います。
からかい方がうまいのもありますが、可愛いんですよね。
言葉選びも秀逸でなんとも言えない良さがあるのですがどう伝えればいいのか・・・。
こんな風にからかわれたら確実に好きになってしまう・・・という意味ではある意味女性が読んでもいいかもしれない。
でも嫌いな相手にこんな事されると、それはそれで迷惑なので注意が必要です。


前から思っていたのですが、漫画とかって一部のシーンや一部のコマを切り取って紹介するのって難しいですよね。
そのキャラがどんな性格で普段どんな設定なのか知っていないと、「ここでこんな事を言うんですよ!かっこいいでしょ!?」なんて説明されている側は「お、おう・・・」となってしまうんです。
このシーンのコマは可愛い!こんな台詞とか最高!とかあっても、そこだけ見せても「え?あ、うん。可愛いね」となってしまう・・・。
その子が普段は笑わない子でたまたま見せた笑顔だから価値がある訳で。
例えばエロゲーで回想シーンだけ見てもそこまで興奮はしない。
だけどそこまでのストーリーを読んでこそのその展開だからグッと来るものがある・・・みたいな。
AVで言うと早送りされがちな最初のシーンとかね。

と、ここまで書いて例えで最初に出てきたのがこんな低俗な物だった事に気が付きました。
そうだよね、映画のラストシーンだけ見ても感動しないけど、そこまでの過程があるから感動するんだ~みたいな表現のがいいよね。
ちょっと間違っちゃった。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます。

どうも、あけましておめでとうございます。
稀に今年もこのブログをよろしくお願いします。

年末と正月はめっちゃダラっとして過ごしました。
久しぶりにこんなゆっくりと過ごした気がするよ。
毎年ネトゲでの年越しでゲーム三昧だったのが、不思議と今年はあまり遊ばずに・・・。
今年もなんだかんだで笑ってはいけないを見ながら年を越してました。
またやるのかーと言いつつも見ちゃいますよね。
今回のは結構面白かったです。

あとはアメトークが今年も面白かったです。
運動神経悪い芸人はほんと面白いですねー。
今回も見てて疲れましたw
僕が凹んでいる時にいつも見るのが江頭さんのDVDなのですが、そこに「運動神経悪い」や「キモイと言われすぎ」「ガリガリ芸人」が入りそうです。
よし、がんばろってなる。
そのせいか最近アンガールズの田中が好きになってきました。
前はあそこまで吹っ切れてなかったのに、ここ最近の吹っ切れっぷりを見ると頑張ってるなっとなりますね。

あと一応吉田さんと斉藤さんの対談のもタイムシフトですが見てみたんだけど、ミラクルフラッシュに笑いました。
あの言い方は相当恥ずかしいw
思ったよりも面白かったですけどねー。
僕はディプスファンタジア(DF)ってゲームからネトゲ始めたのでわからないとこもありましたけどね。
あのゲームはあれで面白かったのでまたやりたいけどやれないのが残念。
たまにそのゲームの話で友達と盛り上がるけど気づくと長々と盛り上がったりします。
ドラクエと一緒で色んなサーバーに行けたのが良かったんですよね。
でもFF11がやっぱまじめに?やった感じがします。
奥が深かっただけにステータスを調整したりするのが面白かったです。
前衛だと命中、回避、ヘイスト、STP、二刀流、マルチアタック、クリ率に被ダメマイナス装備とか着替え装備でいっぱいでした。
最初は着替えとか超めんどいじゃん・・・とか言ってたけど、やりはじめたらなしではやっていけなかったからなぁ。
DFやFF11や他のネトゲでも仕事中とかにその日やる事や装備の事、どうキャラを育てるかなんてのを考えるのがゲームしてるくらい楽しかったんですよね。
装備の事を調べてどのダンジョンで出るかを調べてーってのが最高に好きでした。
なのでFF14に面白さをあまり感じないのもこの辺もあるんだろうなと思います。


今年はとりあえずゴールドソーサーが楽しみです。
少しだけ映像では見たけど期待を裏切るのがスクエニの伝統芸的なとこがあるので実際行ってみないとわからないんだよね。
あとまだ先だけど3.1で初心者用の訓練施設的なのも出来るらしいのでそれも気になるとこ。
これソロで出来るなら暇な時遊べそうですね。
そして贅沢ではあるのですが、Sサイズのハウジングを出来ればMにしたいけど・・・これは無理かなぁ。
最近ログイン自体減っているのもあるし、土地が余っているかも問題ですからね。
今そもそも100万ギルすらないのに1500万も貯めれる気がしないのも・・・。
ハウジングが思ったより面白いので部屋弄りたいです。

| 日常 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |