鉄板3枚ひろったよ。

ゲームをやったり、鉄板拾ったり、ゴロゴロする。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思い出補正と男女の好み

最近ちょっと漫画を整理するついでに古い漫画なんかを読み直していたりしました。
古い作品は今の作品と比べると物足りなさを感じる事もあるけど、思い出補正もあってやっぱり面白かったなぁと感じる事が多いです。
たまに「○○って古い漫画が有名だけど糞だった」なんてのを聞いたりします。
でもそれはその時代に読んでいたから面白かったんだと感じる事があります。

ドラゴンボールだって、今でこそ妙な力を使って光線を出す漫画が多いけど、あの頃は他にそういう作品が少なかったのもあって新鮮で本当に面白かった。
幽遊白書も主人公が死んだ所から始まるのが新鮮でしたし、暗黒武術会は色んな漫画で真似されてましたよね。
(そもそも暗黒武術回が天下一武道会の真似だと思うけども)
テリトリーって能力バトルもその時は少なかったし、飛影は今じゃ「 厨二病ww」って笑われそうだけど、当時はめっちゃかっこよく見えました。
そういう意味ではジョジョは今見ても新鮮な感じするからすごい。

結局その時代にその時代の価値観で読むから面白いんであって、昔の作品を今の価値観で読んでもそこまで面白くは感じない事も多いと思うんです。
当然ですが、それでも面白い作品はいっぱいありますけどね。
「思い出補正」で片付けるのはなんか違うよなーっと思ってしまうんですよね。

ギャグマンガではマサルさんが当時はすごかったけど、今では少し見劣りするかと思います。
実際マサルさん前と後ではギャグマンガの系統がガラっと変わりましたよね。
エヴァ以降では弱気な主人公が流行ったり、ラブひな以降ではハーレム系が増えたり。
一度流行るとその作品にインスパイアされた作品が流行るのは今も昔もどのジャンルでも同じですよね。


それはゲームでも言える事で、FF11の全盛期に遊んでいた時は時間がかかるコンテンツで遊んでも面白かったけど、今のサクサク遊べるゲームが多い中で時間がかかるコンテンツをやらされると、ちょっとうんざりしたりします。
まぁそれでもFF11は基本のバトルが面白いのであまり苦痛には感じませんけどね。
某ゲームみたいに根幹のシステムがダメだと、どんなコンテンツを用意されても面白く感じませんもの。

それはFF11を遊ぶ前にやっていたネトゲもそうでした。
周回を前提とした時間のかかるコンテンツ、繰り返しストーリーを進める事でしか強化出来ないステータス。
でも当時はおまけでゲームが出来るチャットツールみたいな感じで、ゲームよりもフレンドと遊ぶのがひたすら楽しいと感じてました。
楽しく遊ぶ手段として自キャラを強化するのであって、結局は仲良く遊べたから面白かったんですよね。
まぁ今遊んだとしても某ゲームよりかは楽しく遊べる自信はありますけどね。



あと先日、友達と話していた時に男女の好みについて語っていました。
世の中には漫画がたくさんあり、僕が面白いと思わない作品でも人気があるのはいくらでもあります。
その作品の中でも共通点があるのかと話していたりしました。
それで思ったのは男女の好みが大きいのかなと思ったんです。

ジャンプの作品を例に出して話ますが、自分の中では「ぬらりひょんの孫」や「家庭教師ヒットマンREBORN!」は最初こそ読んでいましたが、すぐ読むのをやめてしまいました。
こちらの僕の中の共通点は「なんらかの力で主人公が強くなる」というもの。
今までのジャンプの作品では、修行やライバルとのバトルがあった時に強くなるというものでした。
この過程が僕の中では大事で、なにかしら理由がないと面白くないよなと思ったのです。
そして強くなった時に「自我」がないのも同じ。
もう主人公である意味があるの?と思ってました。


ドラゴンボールなんかは修行をしているシーンが描かれているので、それに憧れた人もいるんじゃないでしょうか。
そういう意味ではジャッキーチェンの映画なんかはそうですよね。
無意味に肩や膝にお皿を乗せたり、筒の上にある卵をかっこよく取ったりした人も少なからずいるかと思います。

ワンピースは実戦タイプ。
冒険をする過程で出会った敵と戦い、強くなっていくパターン。
戦いの中で学んでいき、場合によっては毒に免疫が出来たりしてます。
僕の中ではどっちも納得のいく、強くなる理由です。

でもぬら孫やリボーンはどちらもそうではないんですよね。
ここが僕の中で面白く感じなかった部分。
だけどどちらの作品も人気があり、アニメ化されたりしています。


こんな事を考えている時にどこかで見た情報ですが、男性は素の状態を本来の自分と考える事が多いそうです。
なので「付加価値のない頃の思春期の自分」が「素の自分」になる。
だから思春期に楽しい思い出やモテた経験が少ないと、大人になってお金や学歴等のステータスで武装しても、自信が持てなかったりいつまでもコンプレックスになるんだそうです。
なので男性向けの漫画は修行や時間をかけて強くなるってのが望ましいですよね。

逆に女性は化粧や着飾った姿が自分だと思う事が多いらしいです。
服やヒールも込みで自分なので、男性とは違って今だったり過程がなくても自信を持てる人が多いらしい。
なので修行を経て強くなるのではなく、魔法少女みたいになにかしらの影響を受けて強くなっても、それが気にならないみたいです。
そもそも女性が「修行」ってのもおかしな話です。
なので今出した作品の人気が高かったのはそういうことなのかな?とちょっと思ったり。

あくまで「多い」だけであって男性も女性も全ての人に当てはまる訳ではないです。
もちろんモテた事が良い訳ではなく、モテたばっかりにいつまでも勘違いしている人はいるし、それを引きずっていつまでも過去にしがみ付いている人もいますからね。
こころあたりあるひと しってまーす。

こういうのを考えると、自分が面白く感じないのは、ちゃんと理由があったんだなーと納得がいきました。
実際僕は今でも思春期の事で未だにモヤモヤしますし。
たまにモヤモヤしすぎてフトンで「うわああああああ」とかなりますし。
これは面白く感じないと思った理由の一部に過ぎないので、他にもいっぱい理由はあるんですけどね。

あ、でもクリエイターの中に他の作品をバカにしたり大口叩く人は好きになれないですね。
そんな偉そうな事言っておきながらどんな物が出来るのかと言ったら、基本的にパクリしか出来ない人とかいますから。
誰とは言わないけど、そういう人いますからね。
だいたいそういう人って足の短さにコンプレックス持ってたり、足首をよく骨折したりしてますよね。
あと指輪とかいっぱい付けて自分を良く見せたかったり、劣等感を隠したかったり。

あの人かなって思った人は間違いなくアンチ。


女性が努力して強くなるって漫画ではあさひなぐが好きですね。
最近読み返したんだけど、やっぱり面白かった。
実写化されるのがそろそろ公開されるからキャストが気になって見たんだけど、残念でならない感じになってました。
真春さんこんな顔じゃないし、こんな残念な顔じゃないんだけどって思った人多そう。
スポンサーサイト

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のアニメとかの話

ベルセルクのアニメがまた始まりましたね。
なんやかんやで、「ベルセルクをアニメ化する」というだけで100%ネガティブな意見が出る出来にはなるんだけど、やっぱ気になって見ちゃいますね。
あれだけのクオリティーで作者が作ってきたものが、アニメ化によって改変されたり演出が微妙だと感じるとめっちゃ不満を言いたくなります。
そうです、僕がよくいるタイプのめんどくさいファンです。

でも「あのシーンが好きだったのに」とか「あの台詞が好きだったのに」や「あのやり取りがあったからこそ、仲間との絆が出来た」ってシーンが時間の都合や、監督の好みでカットされていると不満も言いたくなります。
劇場版ではもう色んなとこがカットされていて、完全に原作読んだ人じゃないとあかんやつになってたりしました。
トゥーンレンダリグはそこまで嫌いではないけど、大事なとこはやっぱ使わないで欲しいですね。
特に戦闘シーンなんかはどうしても安っぽくなります。

でもストーリーに関しては面白いから見てしまうんですよね。
HxHを最近アニメ化したやつも蟻編だけは見てしまった。
逆につまらなくしようがないと思うんだ。
HxHは蜘蛛やGIとかも好きなんだけど、蟻編って妙に好きなんですよね。
ゼノではないけど、読んでる&見てると時間が過ぎるのが早いよ。

関係のない話題だけど、本来敵同士の立場で殺しあうような相手でも、その事を知らずに出会いお互いの事情や性格等を知った後に、敵だとわかった時にはもう殺せなくなっている・・・みたいな展開が意外と好きだなーと感じたりします。
FF11で言うアトルガンミッションみたいなやつです。
なんかあれは少女漫画っぽいですよね。
今は亡き王国の王子と、今も栄えている国の姫みたいな感じで。

結構ベタな展開ですが、なんとなくそんな事を思いました。
そいや冨樫先生の今回の休載は短いって聞いてたんだけど・・・もうそろそろ1年経つんだけどなんとかならない?
腰はまだ悪いのだろうか。



そして弱虫ペダルさん。
2期、という表現が合っているかわからないけど、弱虫ペダルの2期が激しく面白くないです。
アニメ的にはたしか3期だけど、2年生になってからのお話ですね。
もうこれならインターハイ優勝で終わらせてやれば良かったと思うよ。
漫画の方をずっと読んできて今回のアニメを見てるんだけど、改めて面白くないと感じてしまった。

正直なとこ、弱虫ペダルのどこが面白いかと聞かれれば、やっぱり小野田君が活躍するとこだと思うんです。
もちろん他のメンバーにも魅力はあるけど、大きくは秋葉原に通うという目的で自転車で走ってきた過去があって、妙な歌を歌いながら自転車で走るという、ちょっと笑える展開が良かったと思うんですよ。
今って小野田君の存在めっちゃ空気ですやん。

ぶっちゃけワカメ先輩とか無口先輩とかどうでもいいと思うんだ。
前の3年生のキャラクターを越える事はないし、どんだけ作者がいいとこアピっても全然魅力を感じない。
それを長い事時間かけて描かれてもほんとなんかなー・・・としか思えない。
彼らも頑張ってるんでしょう、でも前の3年生の大きさみたいなのは表現出来てないし、絵的にもしょぼすぎる。

それはハコガクもそう。
前の3年生の存在がでかすぎて、今のキャラクターに魅力を感じない。
総北に金城、田所、巻島ってキャラクターの強いキャラがいて、ハコガクにも福富、荒北、東堂ってライバルがいる。
今のハコガクのどこを好きになれって言うんだ。
1年生もぱっとしないし、これだったら今泉君にヒメヒメ歌わせて走ってる方が良かったよ。
似たような展開だったとしても、今よりかは面白かったと思ってしまう。


それにありがちですが、腐女子を意識したキャラクターがいる事が気になってしまいますね。
どの漫画でも感じる事ですが、そんなに「腐女子人気」って意識してるんですかね。
これはどこかで読んだ気がするんですが、基本的に腐女子ってのは作品へのブーストにはなるんだけど、腐女子ウケを狙った場合はだいたい売れないって誰かが言ってました。
女性側も男性が読む作品だから興味を持ち、そこからどう妄想するか、が好きなのであって、最初からある程度妄想しやすいキャラを作ったとこで微妙だと思うですよね。

狙いすぎて受けが悪くなった上に、腐女子は飽きるサイクルが早いためすぐに別の作品へ流れるみたいですし。
一時期好きな作品だっただけに、見てる側としてはなんだかなーと思ってしまいます。
そういう部分に頼らなくても十分面白い作品は多いけど、そういう要素を入れたがるんですかね。
面白いなーと見てても百合展開とかあると「何回見たんだろうこのテンプレ・・・」ってのが多くて見るのを途中でやめる事多いです。

あとよく見るテンプレで嫌気がさすのが、主人公がやたら女性キャラに優しいやつね。
どう見てもそこ優しくするとこじゃないのに、優しくして女性がすぐに惚れるみたいなやつ。
そもそもこのテンプレ的なやり取りがギャグとして成り立っているのかも知れないけど、見る側としては「また同じような作品なら見る必要ないな」と思ってしまう事が結構あります。
というか最近似たような作品が多すぎてもう見飽きてるのかもしれない。
そういう意味ではいい年こいたおっさんを卒業させているのか。


最近だと見た中だと、進撃の巨人やアリスと蔵六なんかは普通に楽しめてるんですけどね。
原作を知らないのだとリトルウィッチアカデミアが結構面白い。
・・・まぁ結局見てるんだけどさ。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ漫画の話。

ブルージャイアント10巻とSUPREME
面白かった。
面白かったけど、どうしてこうなった。
なんでこんな形でしか終われんかったんや。
雪祈はなにも悪くないのに、どうしてこんな事になった。

って感想でした。
正直こういう展開は好きではないんですよね。
ありがちだし、別の方法なんいくらでもあるやんーと。
この事をこの作品が好きな友達はなんて思ってるんだろ・・・と聞いたら

「だいっっ嫌いな展開!」

と叫んでました。
そして僕がもしかしてこんな事を思わなかった?

「なにおまえ巻末のマンガに出てきて、のんきに語っとんねん」

って?と聞いたら激しく頷いてたよ。
SUPREMEはたしかに面白かったけど、10巻のなんとも微妙な終わり方には納得がいかんかった。
あの三人でのこれからが楽しみでもあったのに残念。


ちはやふる 33、34巻
うっかり33巻が買ってなかったのに気付き、34巻と合わせて読んでいたんだけど、面白かった。
前にこっちで最近おもろないわーとか書いてたけど、ごめん面白くなってきてたわ。
肉まんくんの告白も千早の告白も、なんだか二人とも「らしく」て良かった。
どっちもそんな感じよな、と。
そして詩暢ちゃんの主人公っぽさも好き。
あの子供に救われるシーンとか過去の事を考えるとほんと好き。

ヒストリエ
今回もすぐ読み終わった。
ほんと面白いんだけど、もうちょい早く出るといいんだけどな。
エウリュディケとの別れのシーンはほんと描き方がうまい。
台詞の組み立て方もうまいし、表情の使い方もうまい。
そして笑顔で去り、涙を見せないという女性側の気持ちも切ない。
サテュラの時も同じでしたよね。
恋愛漫画ではないけど、うっかりそう思わせられそうになる。
前半のアレクサンドロスの戦闘シーンも結構好き。
独特の空気感と狂気に満ちた感じが、この人しか描けないし、出てこない台詞だよなーと。
寄生獣やレイリでも狂気っぽいとこあったけど、ほんとこういう描き方がうまい。
「あれ・・・誰もついてきてない」と言って笑っちゃうとこなんか、合戦でそんな発想が自分にはなかった。


あとちょっと発売が古い漫画ですが、伊藤潤二の猫日記 よん&むーってのを買いました。
前から気になってたので買ってしまえと。
伊藤潤二先生と言えばホラー漫画ですが、猫漫画なら大丈夫だろうと思ったので買ったけど大丈夫でした。
冨樫先生も結構影響されてますよね。
なんだかんだで猫好きなんだと感じるよ。
猫をちょっとオカルトっぽくは描いているんだけど、それがなんとも面白い作品です。

あと山本さほ先生の山本さんちのねこの話も買ったよ。
これもわかる通り猫の漫画。
最初は猫好きではなかったけど、ねこと暮らすうちにねこ好きになっていくお話。
基本ゆるい感じでの漫画ですね。



別にゆるい漫画を馬鹿にする訳ではないんだけど、こういうあまり深く考える事がない漫画って疲れている時に読むと面白いんですよね。
複雑な話や、謎解きがある話も面白いっちゃ面白いのですが、知能を低くして見る子供向けの様な漫画とかも結構好きです。
ビジュアル的にはよだれでも垂らしている感じで、だらーっと読みたいんですよね。
寝る前なんかによく読んでます。

猫って不思議ですよね。
なんというか、人間疲れている時って猫とか気ままに生きている生物を見ると疲れが取れる気がします。
「こいつ自由に生きてんな」「やりたい放題だな」ってとこを眺めていると、深く考えている事が馬鹿らしくなってくるというか。
別に猫が好きなわけじゃない。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2代目も終わったかー

げんしけんがとりあえず完結?しました。
2代目はあんまりかなーと思っていたけど、なんだかんだで気になる話ではありました。
げんしけんは斑目が主人公的なとこがあるので、それだけである程度は面白いと思うんです。
たしか平野耕太先生も斑目は萌えとか言ってた。
咲ちゃんを好きになった時点で、読者的にも一番気持ちがわかるのが斑目だったのではないかと思うんですよ。
あの見てるだけで辛くなる感じとか。

初代はあのぬるいオタクっぽさや、キャラクターのこだわりや性格が強く出ているとこが良かったんですよね。
田中や久我山がイラついてるとことか、これめっちゃっぽいなーと読みながら思ってました。
2代目になってからはそういう要素が薄くなった感じはするけど、連載が開始された頃のような時代ではなく、アニメや漫画が好きな人に(言い方は悪いが)ある程度市民権があるのが作品にも出ているのかなと思ったりもします。


最後はどうしめるのかなーと楽しみにしていたのですが、なんとも斑目っぽい感じで終わりましたね。
「誰とも付き合わない」と言った時点ですごくオタクっぽいよなーと思ったし、自分からは動けずに促される事でしか告白出来ない。
告白の言葉選びも斑目っぽさがありました。
作品の中でヘタレヘタレ言われてますが、ほんと最後までヘタレ野郎でしたね・・・。
ただそこがきっと斑目っぽさでもあるし、彼の魅力でもあるんでしょうね。
最後なんて「付き合ってみる?」でしたからね。
相手に委ねないで「そこははっきり言えよw」と突っ込み入れたくなった人が多かったと思います。
でもオタクっていうのはなるべくダメージを受けないような言い方をつい言ってしまうのも事実です。
なんとも斑目らしい。


スーは最初こそ無表情系のキャラでしたが2代目からは結構可愛く描かれたり、赤面したりでキャラ的には良かったんだけど、初代みたいにちょっと病んでそうな感じも良かったよなとちょっと思います。
出ているメンバーの中では一番好みではありました。
でも2代目は初代の頃と比べるとどのキャラも性格変わりすぎてる部分はありますね。
斑目とくっついたとこになぜか謎の安心感が・・・。

3代目はあるのかな。
とりあえず楽しみにしています。
え?朽木君?
あいつの成長した姿が思い浮かばないの・・・。
なんか妙に友達に似ている部分があってどうしても好きになれない。


そいや斑目と咲ちゃんが結婚する方の漫画も読んでるけど、あっちはあっちでなんだか気になる。
特別面白い訳ではないけど、これってこの人かーみたいなのがね。
波戸くんと矢島さんのあの微妙な関係とか。
でも幸せそうになっているようで良かった。
スーの成長はかなりのものでした。


そいやアフタヌーンに他の作家の方が書いたのがあったんだけど、

iwa.jpg

この斑目さんは人を殺しそうですね。
ヒストリエは1月に10巻が出るそうです。
そして岩明先生が原作をされてる「レイリ」という漫画が最近出てるよ。
1巻2巻同時発売だから買ってみたけどおもろかった。
あの妙に病んでるような描写がぽいなーとおもたよ。



あとこれはおまけですが、ラララの5巻が出てました。
中で子供を叱るシーンがあるのですが、こんな事を言ってました。

叱ったり注意したりは精神的に疲れるから面倒なんだ。
その手間を惜しまずに自分に関わってくれる大人はだいたい味方だ。
なぜなら大人がいい子になりなさいと色んな言葉で言ってくるのは、
いい奴になって多くの人に愛される人間になって欲しいと、
子供の成長をおもっているからなんだ。


ちょうどタイムリーにこういう話を友達としたばっかりだったので、なんともタイミングがいいと感じました。
そうなんですよね、子供がちゃんとした大人になって欲しいと思ってたら叱るよね。
そしてそれは大人になってからも当てはまる事で、そいつが嫌なやつだった場合も友達だったらちゃんとダメなとこ言うよね。
そういう手間させかけたくない、言う事で疲れるから言わないって人が多いよね。

みたいな話を友達としてたんよね。
もちろん例外はあるし、頭のおかしい親も多いのでなるべくかかわりたくないってのはある。
でも叱ったり、注意したりってのは基本的に良い意味の事が多いのになぁと。
その価値すらない人に関してはだいたいの人が「痛い目見ろ」と眺めてる事もあるけどさ。

という、それだけのお話です。
内容は今回も面白かったよ。
ドラクエの"ゆうべはお楽しみでしたね"も出てこちらも購入。
1巻を買った時はドラクエやってなかったけど、この漫画は読んでたタイプです。
金田一先生ってこういうとんでも設定系とか好きですよね。
そしてその後のオチの持っていきかたが結構好き。
なんやかんやあってグプタが「スワヒリ語を覚える事になりました。」みたいなのは割と好き。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

これには参った

普段あまりギャグ漫画でお腹が痛くなるほど笑わないんだけど、これにはちょっと笑ってしまった。
いや、別にこれはそもそもギャグ漫画でもないし、メインのお話とは関係ない漫画家さんとアシスタントの巻末にある4コマなんだけどさ。
そんなアシスタントの天然っぷりを紹介するやつなんだ。

asi01.jpg
















asi02.jpg


まぁ読んでから結構立つので今更だけど、正直今年一番面白かった。
そういう発想は僕の中ではなかったので不意をつかれました。
あ、でもこれって若い人にはわからないネタかな・・・。
ちなみに作品名は「純愛ジャンキー」ていう葉月京先生の漫画です。
恋愛ジャンキーて漫画にお世話になった人は多そう。
そういう僕も高校生の頃に読んでたような気がします。
記憶にあまりございませんけども。
もう一つはこんなん。

asi03.jpg

こっちはそこまでだけど、裕次郎のインパクトが強すぎた。
そいやこれで気付く人もいそうだけど、葉月先生って女性だったんですよね。
結構後で気付いて知った時は衝撃でした。


最近積んでいたこちらを読んで男性がパンツを求めていた理由がわかりました。

hidoutei.jpg

よし、ちょっと手に入れるか。

| 漫画・アニメ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT